労務安全情報センター[安全衛生]

労働条件、労働基準の総合情報サイト「労務安全情報センター」がお届けします

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

東京都多摩市建築中のオフォスビル火災

東京都多摩市建築中のオフォスビル火災
2018.7.26発生
 (以下、マスコミ各紙の報道記事による)
建築中ビル火災

 同庁や東京消防庁によると、2018年7月26日の火災現場となった建設中のビルは地上3階、地下4階建て。地下3階でガスバーナーを使って鉄骨を切断していたところ、火花が近くにあったウレタンに燃え移り、出火したとみられる。

 死亡した5人のうち4人は地下で、1人は地上3階で見つかった。約40人がけがをしており、このうち約30人は症状が重いという。


 下請けの作業員2人が地下3階で鉄骨をガスバーナーで切断した際に出た火花が、地下3階下の免震階天井のウレタンの断熱材に引火したと推定されている。作業は2人1組、1人が切断、もう1人が火花を水で消す役割だったという。施工同社は、周囲に不燃シートを敷いていたと説明しているが、捜査関係者によると、地下3階の床の一部に隙間があったという。この隙間から火花が落ちて、引火した可能性がある。

施工元請け会社 安藤ハザマ
(同社は昨年にも鉄骨切断作業中の火花が断熱材のウレタンに引火し大規模火災をおこしていたことが判明
。)




労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg

| 災害・事故報告 | 23:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

改正健康増進法が成立!、「受動喫煙対策により、現状がどのように変わるのか」

改正健康増進法が成立
 同改正法の成立で、多数が利用する施設等の類型に応じて、一定の場所以外での喫煙が禁止となる。

 下図参照

 国の受動喫煙防止対策

 なお、施行は平成32年4月1日からとなっています。
 (参考リンク)
  https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/soumu/houritu/dl/196-11.pdf



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg

| 受動喫煙の防止 | 14:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2018全国労働衛生週間スローガン決まる!

 厚生労働省は2018.7.18、2018年度全国労働衛生週間スローガンを公表しました。

 スローガン=
「こころとからだの健康づくり みんなで進める働き方改革」


 全国労働衛生週間は10月1日から7日。
 今年で69回目となる。
 なお、以下のサイトから週間実施要項等が参照できます。
 → https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000170527_00001.html



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg

| 安全週間、衛生週間 | 14:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

安全帯が「墜落制止用器具」に変わります!(ガイドライン&リーフレット)


安全帯が「墜落制止用器具」に変わります!

 厚生労働省が、墜落制止用器具の安全な使用に関するガイドライン(平成30年6月22日付け基発0622第2号)を公表している。
 このガイドラインの内容は、墜落制止用器具を使用して行う作業の適用範囲や、墜落制止用器具の選定、使用方法、点検・保守・保管、廃棄方法等で構成。

[ポイント]

1 ガイドライン策定の趣旨や適用範囲、用語の説明
2 墜落制止用器具(フルハーネス型、胴ベルト型)の選定
3 墜落制止用器具を安全・適切に使用するための方法
4 墜落制止用器具の点検・保守・保管方法(点検結果などの記録)
5 廃棄基準:衝撃がかかった器具、点検時に異常があったものなどの不使用
6 特別教育:安全に作業を行うための学科科目や実技科目の受講

安全帯名称変更等
 ↑ 画像は、リーフレット「安全帯が「墜落制止用器具」に変わります!」

 なお、このリーフレットは,ガイドラインを含む一連の項目をコンパクトにまとめており、分かりやすい。
 一読をお奨めします。 
 → https://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11302000-Roudoukijunkyokuanzeneiseibu-Anzenka/0000212918.pdf
からダウンロードできます。

 ○リンク
 厚生労働省「墜落制止用器具の安全な使用に関するガイドライン」を公表します」
 https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000212834.html
 墜落制止用器具の安全な使用に関するガイドライン(平成30年6月22日付け基発0622第2号)
 https://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11302000-Roudoukijunkyokuanzeneiseibu-Anzenka/0000212917.pdf



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg

| 法改正(平24.1~) | 14:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

健康情報の取扱いの在り方について(厚労省検討会で議論)


 「健康情報」=適切な取扱いのためのルールの明確化が必要

  労働者が雇用管理において、労働者の不利益な取扱いを受けるという不安を抱くことなく、安心して産業医等による健康相談等を受けられるようにするとともに、事業者が必要な情報を取得して労働者の健康確保措置を十全に行えるようにするために、健康情報の適切な取扱いのためのルールの明確化が必要である。

  厚労省では、現在、健康情報の取り扱いの在り方について検討会での検討を進めている。
  平成30.6.28開催の検討会では、「労働者の健康情報の取扱いに関する実施事項(骨子案)」について議論が行なわれている。

 → http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000213209.html



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg

| 法改正をめぐる動向 | 20:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。