労務安全情報センター[安全衛生]

労働条件、労働基準の総合情報サイト「労務安全情報センター」がお届けします

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

食品加工用機械の危険箇所へ覆いの設置を義務付け(安衛則改正へ)

労働安全衛生規則の改正へ
(平成25年10月1日施行予定)

1 食品加工用機械について、次の措置を義務付け

(1) 切断機・切削機による切断・切削の危険の防止
 ①機械の危険な部分に覆い等を設置
 ②原材料の送給・取り出し時には、原則として、機械の運転を停止・用具等を使用

(2) 粉砕機・混合機による巻き込まれの危険の防止 原材料の送給・取り出し時には、原則として、機械の運転を停止・用具等を使用
 ※機械の開口部への蓋等の設置の義務付けは、既に措置済み

(3) ロール機による巻き込まれの危険の防止 機械の危険な部分に覆い等を設置

(4) 成形機等による挟まれ・巻き込まれの危険の防止 挟まれ・巻き込まれの危険があるときは、機械に覆い等を設置

2 機械の目詰まり等の調整時には、原則として、機械の運転を停止する等の措置を義務付け


[編注,コメント]

食品加工用機械による労働災害は年間約2,000件発生。
これは、木工加工用機械、工作機械、研削盤等、プレス機械、産業用ロボットなどと比べても明らかに多発傾向にある。
食品加工用機械災害は、食料品製造業に限らず、第三次産業(災害の約3割は第三次産業で発生)に広く使用される状況が認められる。

なお、災害(2000件)は、障害を伴う、切断・挫滅の割合が1/4(年間約500件)を占めている。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg



関連記事
スポンサーサイト



| 法,規則改正,新通達(2012.1-) | 11:34 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT