労務安全情報センター[安全衛生]

労働条件、労働基準の総合情報サイト「労務安全情報センター」がお届けします

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

建設業、トラック業で労働災害、特に- 死亡災害が激増!

平成24.10.7集計の厚生労働省の労働災害発生状況「速報」によると、
死亡災害の急増が確認されている。
特に、
建設業(前年同期比 52人(25.2%)増、
トラック業(陸上貨物運送業) 23人(30.3%)増、
とその増加が顕著。
製造業が9人(6.9%)増とこれに次ぐ。
全産業でも、72人(10.9%)増の現状にある。
(なお、平成23年は東日本大震災の件数は除いてある)。


参考
死亡災害を含む休業4日以上の労働災害発生件数(平成24.9.末現在)では、
建設業(3.1%増)、製造業(2.5%増)、陸上貨物運送業(1.1%増)、全産業で3.4%増とこれも増加傾向にある。


[編注、コメント]

わが国では、労働災害の一貫した減少傾向が、当然視されてきて久しいが、今回(平成24年1月以降)の増加傾向は楽観できないかもしれない。
労働災害防止対策の強化を受け入れ、消化する企業の「現場力」に、往年の迫力がないからだ。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg




関連記事
スポンサーサイト



| 災害発生状況(-2019) | 09:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT