労務安全情報センター[安全衛生]

労働条件、労働基準の総合情報サイト「労務安全情報センター」がお届けします

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「対策浸透」の結果か、酸欠・硫化水素中毒災害(23年発生=4件)

 厚生労働省は、平成23年発生の「酸素欠乏症・硫化水素中毒による労働災害」の発生状況をまとめている。
 これによると、昨年(平成23年)の酸欠・硫化水素中毒災害は2+2=4件。平成21~23年は年間4件で推移している。
 酸欠・硫化水素中毒災害に対する知識と対策が浸透した結果だろう。

 (平成23年酸欠・硫化水素中毒災害4件の概要)

 酸欠災害

 1)産業廃棄物の最終処分処理施設で酸欠に
 2)造船所にて、ドックに修繕船(長期間密閉されていたため酸欠に)

 硫化水素中毒

 1)モップの洗浄工場の汚水処理施設(汚水により硫化水素濃度が高くなったもの)
 2)下水処理施設にて、汚水ピットに1人が入ったところ、意識を失い汚水により硫化水素濃度が高くなっピット内に転落。

 なお、厚生労働省発表資料は、下記サイトから直接、確認することができる。

 ⇒ http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei35/h23_01.html



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg



関連記事
スポンサーサイト



| 労働衛生 | 19:39 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT