労務安全情報センター[安全衛生]

労働条件、労働基準の総合情報サイト「労務安全情報センター」がお届けします

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

八箇峠トンネル爆発事故~トンネル内で4人が不明、トンネル外で3人が重軽傷!

八箇峠トンネル
” 新潟県南魚沼市のトンネル爆発事故で、依然4人が不明。(これとは別に、トンネル外側150メートル付近で、工事用道路の補修を請け負った建設会社社員3人が爆風により重軽傷。)。消防隊員らが空気ボンベを利用して中に入ったが、二次災害の恐れもあり難航している。

 同消防本部によると、トンネル入り口から0.9キロの地点でガス濃度は43%。酸素濃度は13.7%で、人が意識を失うレベルという。検知したガスは一酸化炭素、硫化水素、水素、リン化水素、アセチレン、ホスゲン。

 工事は昨年7月末に豪雨で中止。冬季を挟み、春に猛禽類の営巣が確認されるなどしたため、本体工事再開に向け、今月18日から作業を始め、24日は入り口から1.2キロ付近にある送風設備を点検する予定だった。火薬などを使う作業はないという。
 現場は南魚沼市と十日町市を結ぶ国道253号の八箇峠のトンネルで、長さ2.8キロ。佐藤工業は南魚沼市側から1.6キロの掘削工事を請け負って、1.4キロまで進んでいた。”〔以上は、共同通信記事から一部を抜粋〕


2012.5.26労務安全情報センター「ブログ」今週のニュースに関連記事

⇒ http://laborstandard.blog82.fc2.com/blog-entry-355.html



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg


関連記事
スポンサーサイト



| 安全管理 | 12:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT