労務安全情報センター[安全衛生]

労働条件、労働基準の総合情報サイト「労務安全情報センター」がお届けします

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

三井化学岩国大竹工場でプラント爆発!! (社員1人死亡、住民等21人負傷)

 2012.4.22未明 山口県和木町の三井化学岩国大竹工場でプラントが爆発・火災が発生した。
 ⇒ [社員1人死亡、住民等21人にけが]。

 現場は車のタイヤに使う接着剤の原料「レゾルシン」の製造プラントであり、1984年にも爆発事故が発生している。

 同工場では、事故の3時間前に熱源の蒸気を送る別プラントで異常が起き、緊急停止させる最中だった。なお、亡くなった同社社員砂川翔太さん(22)の死因について、司法解剖の結果、爆発で飛び散った薬品を浴び吸い込んだ化学薬品中毒と確認された。

 火災は発生から36時間たった23日午後2時半過ぎに鎮火した。


 [編注,コメント]

 爆発事故の原因究明は容易ではないが、事故3時間前のプラントの異常発生は関連があるのか?別プラント?
 
 最近、プラント等の爆発火災事故が多い。
 「近年、企業で職場の安全水準を維持する力が落ちている」というのは本当のようだ。
 このような場合、対策も、個別対策を超え、根本を見据えてのアプローチが必要になってくる!
 同時に、関連施設・工程のヒヤリハット事故の洗い出しを徹底的に行うことが必要だろう。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg

関連記事
スポンサーサイト



| 安全管理 | 12:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT