労務安全情報センター[安全衛生]

労働条件、労働基準の総合情報サイト「労務安全情報センター」がお届けします

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

リーフレット「電離放射線障害防止規則」が施行されます。(令和3年4月1日)

リーフレット
「電離放射線障害防止規則」が施行されます。
(令和3年4月1日)


改正概要
1 事業者は、放射線業務従事者の眼の水晶体に受ける等価線量が、5年間につき100mSvおよび1年間につき50mSvを超えないようにしなければなりません。(電離則第5条)

2 線量の測定および算定方法の一部変更 (電離則第8条・告示第3条)
3 線量の測定結果の算定・記録・保存期間の追加 (電離則第9条)
4 電離放射線健康診断結果報告書様式の項目の一部変更 (電離則様式第2号)
5 上記1に関する経過措置 (改正電離則附則)
r030401電離則改正
↑ (クリックすると拡大表示できます)

(参考資料)
厚労省リーフレット(下記URL参照してください)
 https://www.mhlw.go.jp/content/000620817.pdf
 


[編注・コメント]

1 現行の「1年間につき、150ミリシーベルト」→ 「1年間につき、50ミリシーベルト、5年間につき、100ミリシーベルト」に改正。
2 例えば、医療従事者でみると、医療従事者のうち、年間で50ミリシーベルトを超える者は、極めて少数(約0.1%)である。対策は、防護クロス、防護眼鏡の使用等がある。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg

関連記事
スポンサーサイト



| 法,規則改正,新通達(2012.1-) | 14:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://spotjn.blog.fc2.com/tb.php/311-7cdceafa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT