労務安全情報センター[安全衛生]

労働条件、労働基準の総合情報サイト「労務安全情報センター」がお届けします

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大洗研究開発センター燃料研究棟2017.6.6被曝事故

大洗研究開発センター燃料研究棟2017.6.6被曝事故


 平成29年6月6日(火)11:15頃、燃料研究棟の108号室(管理区域)で、作業員5名がプルトニウムとウランの入った貯蔵容器をフード(H-1)内で点検していたところ、樹脂製の袋が破裂して汚染が発生した。

genpatujiko2.png

 保管容器のふたを開けた際、ビニール袋が破裂して中のポリ容器内の放射性物質が飛散した。ポリ容器の劣化などで内部にガスが発生し、破裂したと見られている。

被曝事故1

 写真は、破裂したビニール袋から取り出されたポリ容器に入っている放射性物質(日本原子力研究開発機構提供)


[編注、コメント]

 平成29.9.29に、大洗研究開発センター燃料研究棟における汚染について(第 3 報)が発表されている。
 現時点ではこれが最新事故関連報告書である。
 URL → https://www.jaea.go.jp/02/press2017/p17092902/



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg

関連記事
スポンサーサイト

| 災害・事故報告 | 18:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://spotjn.blog.fc2.com/tb.php/250-35a56094

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT