労務安全情報センター[安全衛生]

労働条件、労働基準の総合情報サイト「労務安全情報センター」がお届けします

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

直径が50ナノメートルのナノチューブの毒性が最も高い「実験結果」

「名大、ナノチューブ太さ、発がん性と関係」

2011.11.15 日本経済新聞夕刊記事から

>>> 名古屋大の豊国伸哉教授らの研究チームは、電子部品などへの応用に期待されるナノテク素材のカーボンナノチューブ(筒状炭素分子)の太さと発がん性とに強い関係があることを動物実験などで突き止めた。直径が50ナノ(ナノは10億分の1)メートルのナノチューブの毒性が最も高かった。
 アスベスト(石綿)のように細くて丈夫な構造をしているため、加工中などに体内に入ると、細胞のがん化を招きやすいとみている。論文が米科学アカデミー紀要(電子版)に15日掲載された。
 人間の胸膜などにある中皮細胞を培養し、直径10ナノ~145ナノメートルのナノチューブを投与した。同50ナノメートルの細長いナノチューブが細胞に突き刺さりやすいことが分かった。ラットの腹腔(ふくくう)に投与すると強い炎症を引き起こし、がんの一種である中皮腫の発生率も高くなった。
 直径が50ナノメートルより太いと細胞に刺さりにくく、逆に細いと丸まってしまうので、どちらも細胞への影響は少なかった。
 豊国教授は「大きさなどを制御して安全性の向上を期待したい。人間へのリスクを評価するには、ナノチューブが中皮細胞などにどう到達するかを改めて調べる必要がある」と話している。 <<<


[編注,コメント]

 ナノチューブ (nanotube) とは、筒状の微細構造を持つ物質の総称。

 著名な科学者やリスク専門家はCNTがアスベストのようなリスクを生じうることを2004 年から警告。

 厚生労働省は 2008 年2 月7 日、「ナノマテリアル製造・取扱い作業現場における当面のばく露防止のための予防的対応について」を関連ビジネス団体、労災防止関連団体、都道府県労働局に通知している。この通知では、MWCNT などのナノマテリアル製造企業に対して、製造設備や作業工程、作業管理、保護具などについて取るべき対応を示している。

 今回の名古屋大学の「直径が50ナノメートルのナノチューブの毒性が最も高い」という「実験結果」にも要注目だ。対策の具体化に繋がりそうだ。

労務安全情報センター
労務安全情報センター
http://labor.tank.jp



関連記事
スポンサーサイト



| 労働衛生 | 21:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT