労務安全情報センター[安全衛生]

労働条件、労働基準の総合情報サイト「労務安全情報センター」がお届けします

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「現行定期健康診断の実施項目に変更は要しない」(検討報告書)

定期健康診断等のあり方

 平成28年12月28日に、「労働安全衛生法に基づく定期健康診断等のあり方に関する検討会」が検討結果について報告書をとりまとめた。

 報告書のポイントは以下のとおり

1 労働安全衛生規則で定めた健康診断項目に変更はないこと

2 LDLコレステロールの評価方法(※)を示したこと
(※)フリードワルド式によって総コレステロールから求める方法又は、LDLコレステロール直接測定法による。
フリードワルド式:(LDLコレステロール = 総コレステロールー HDLコレステロールー トリグリセライド/5)

3 血清クレアチニン検査(※)について、医師が必要と認めた場合には実施することが望ましい検査項目としたこと
(※)血清クレアチニン検査は腎機能検査の一つである。

4 以上は、原則、平成30年4月から実施する予定


(参考資料)
労働安全衛生法に基づく定期健康診断等のあり方に関する検討会報告書
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12602000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Roudouseisakutantou/0000149677.pdf
労働安全衛生法に基づく定期健康診断等のあり方に関する検討会報告書(参考資料)
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12602000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Roudouseisakutantou/0000149678.pdf



[編注、コメント]

 高齢化の進展などの労働者の健康管理を取り巻く状況の変化や、医療技術の進展、科学的知見の蓄積、また別途検討されている高齢者の医療の確保に関する法律に基づく特定健康診査の見直しに関する状況などを踏まえ、定期健康診断等の今後のあり方について検討するために、設けられた検討会だったが、現行健康診断項目等に大きな問題は認めないとの結論になったようだ。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg


関連記事
スポンサーサイト

| 法改正をめぐる動向 | 18:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://spotjn.blog.fc2.com/tb.php/227-516e786d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。