労務安全情報センター[安全衛生]

労働条件、労働基準の総合情報サイト「労務安全情報センター」がお届けします

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

平成27年~受動喫煙防止対策の現状

受動喫煙防止対策


 平成27年労働安全衛生調査(実態調査)によると受動喫煙防止対策の現状は次のとおりとなっています。

 1 受動喫煙防止対策に取り組んでいる事業所の割合は87.6%となっている

 2 取組事業所の禁煙・分煙の状況については

   「事業所の建物内全体(執務室、会議室、食堂、休憩室、商談室等含む)を禁煙とし、屋外のみ喫煙可能としている」が38.1%と最も多く

   「事業所の内部に空間的に隔離された喫煙場所(喫煙室)を設け、それ以外の場所は禁煙にしている」が25.9%

   「屋外を含めた事業所敷地内全体を禁煙にしている」が15.2%

 3 禁煙・分煙以外の取組み45.2%とその内容(複数回答

   「喫煙可能区域を事業所内に掲示等して周知している」が47.6%と最も多く
 
   「たばこの煙を低減する装置(空気清浄装置)を設置している」が29.5%

 4 職場での受動喫煙を防止するための取組を進めるにあたり、問題がある38.7%とその内容(複数回答

   「喫煙室からのたばこ煙の漏洩を完全に防ぐことが困難である」が30.6%
 
   「顧客に喫煙をやめさせるのが困難である」が30.6%であり、この2つが最も多く、
 
   「受動喫煙防止に対する喫煙者の理解が得られない」が25.4%


 (参考)
 受動喫煙防止対策
  (↑ クリックすると拡大表示できます)
  平成27年 労働安全衛生調査(実態調査) 結果より
  http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/h27-46-50b.html



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg

関連記事
スポンサーサイト

| 受動喫煙の防止 | 15:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://spotjn.blog.fc2.com/tb.php/221-a648a349

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。