労務安全情報センター[安全衛生]

労働条件、労働基準の総合情報サイト「労務安全情報センター」がお届けします

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

東電福島第一原発の廃炉作業に対する5年間の監督指導結果

電離放射線障害防止規則違反問題は、大きく改善へ

 福島労働局は、2015.11.20日、東電福島第一原発で廃炉作業を行う事業者に対し、平成23年3月から平成27年9月までの5年間に実施した監督指導の結果を公表した。
 これによると、監督指導の実施事業者数は724、うち労働基準関係法令違反があった事業者は409(違反率56.5%)。違反件数は656件。
 なお、電離放射線障害防止規則や平成27 年8 月26 日策定「東京電力福島第一原子力発電所における安全衛生管理のためのガイドライン」に定める措置に直接関わる違反状況は、4年前と比べて現在では大きく改善されて来ていることがわかった

福島第一原発監督結果

全期間(平成23年~27年)対平成27年
(例/カッコ内の47-0は全期間での違反が47件あったのに対して、直近の平成27年は違反0だったことを意味します)

線量当量測定(47-0)
線量当量測定結果の確認(9-3)
呼吸用保護具の着用(7-0)
原子炉内における作業規程(3-0)
特殊健康診断(6-0)
健診結果報告(32-2)
他電離則違反(9-)
他安衛法違反(80-25)


情報源
  http://fukushima-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/library/fukushima-roudoukyoku/kantoku/pdf/1511genpatsujigyousha_kantokukekka.pdf


 [編注、コメント]

 電離放射線障害防止規則違反に限ると、直近の平成27年度監督では、線量当量測定(47-0)や呼吸用保護具の着用(7-0)といった基本的事項での違反が解消している等の状況が確認できる。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg



関連記事
スポンサーサイト

| 労働衛生 | 12:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://spotjn.blog.fc2.com/tb.php/190-9a49037a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT