労務安全情報センター[安全衛生]

労働条件、労働基準の総合情報サイト「労務安全情報センター」がお届けします

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

化学物質を譲渡・提供する際の「GHSラベル」、「安全データシート」の普及状況調査結果

最新調査では
「GHSラベル」 53.7%
「安全データシート」 53.8%



平成26年労働安全衛生調査(労働環境調査)の概況 から
情報源→ http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=214353

(1)GHSラベルの表示状況

労働安全衛生法第57 条に該当する化学物質を譲渡・提供している事業所の割合は9.5%となっており、そのうち、譲渡・提供する際にすべての化学物質の容器・包装にGHSラベルを表示している事業所の割合は55.7%となっている。
GHS表示状況


(2)安全データシート(SDS)の交付状況

労働安全衛生法第57 条の2に該当する化学物質を譲渡・提供している事業所のうち、譲渡・提供する際に安全データシート(SDS)をすべて交付している事業所の割合は53.8%となっている。
安全データシート交付状況


[編注、コメント]

業種では「生活関連サービス業,娯楽業(洗濯・理容・美容・浴場業に限る)」
事業場規模では、10-29人、30-40人規模
での実施率が低いようだ。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg


関連記事
スポンサーサイト

| 化学物質の管理 | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://spotjn.blog.fc2.com/tb.php/185-14ca3108

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT