労務安全情報センター[安全衛生]

労働条件、労働基準の総合情報サイト「労務安全情報センター」がお届けします

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

鋳物工場で砂型を造型する場所における作業を「粉じん作業」に指定

粉じん障害防止規則の一部改正

 今回、鋳物工場で砂型を造型する場所における作業について、
 粉じん作業に指定、呼吸用保護具の着用義務及びじん肺健診の実施義務が課されることとなる(平成27年10月1日から


[省令案のポイント]
1 鋳物工場の製造作業の工程のうち砂型を造型する場所における作業についても、粉じん作業として定めます。
2 砂型を造型する作業について、有効な呼吸用保護具の着用が必要となり、
3 砂型を造型する場所における作業について、じん肺健康診断を行うことが必要となります。

[編注、コメント]

 現在、「粉じん作業」として指定されているのは、砂型を用いて鋳物を製造する工程において、砂型を壊し、砂落としし、砂を再生し、砂を混練し、又は鋳ばり等を削り取る場所における作業下線文(水の中で砂を再生する場所における作業等を除く。以下「砂型に係る作業」という。)であるが、これに、鋳物工場の製造作業の工程のうち砂型を造型する場所における作業が追加指定される。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg



関連記事
スポンサーサイト

| 法改正(平24.1~) | 00:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://spotjn.blog.fc2.com/tb.php/182-c6fac0cb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT