労務安全情報センター[安全衛生]

労働条件、労働基準の総合情報サイト「労務安全情報センター」がお届けします

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

危険の見える化に取り組んでみよう~「小売業」「飲食店」の安全

 [危険の見える化]
 
 第三次産業の中でも労働災害が多発している「小売業」「飲食店」。厚労省は、安全活動の定着に向けて、職場の「危険の見える化」に取り組むことを推奨している。
 関連のリールレットが作成され、ネットでダウンロードができるようになっている。
 リーフレットは、危険の見える化で作業の安全を図ろうと呼びかけ、

 1 「見える」安全活動の事例
 2 「危険マップ」で危険の見える化を!
    危険マップとは、職場の平面図等に労働災害発生の危険のおそれのある箇所を明示して、注意を喚起するためのもの。
 3 「危険ステッカー」で危険の見える化を!
    危険個所等に貼り付け、危険箇所と危険内容を警告する「危険ステッカー」の活用するもの。

への取り組み方法を説明した内容のもの(リーフレット)になっている。


(参考)
 関連リーフレット
 小売業における危険の「見える化」ツール
 http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11300000-Roudoukijunkyokuanzeneiseibu/0000058391.pdf
 飲食店における危険の「見える化」ツール
 http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11300000-Roudoukijunkyokuanzeneiseibu/0000058403.pdf



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg



関連記事
スポンサーサイト



| 安全管理 | 16:19 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT