労務安全情報センター[安全衛生]

労働条件、労働基準の総合情報サイト「労務安全情報センター」がお届けします

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「一定の病気」に質問票ー道交法改正に関連した安衛法の免許、技能講習の取扱い

改正道路交通法

 2014年6月1日から、 一定の病気等に係る運転者対策として改正道路交通法が施行された。
 免許を取得・更新する全員が病状を尋ねる質問票に回答するよう義務づけられ、虚偽申告の罰則は「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」が課される。患者を診察した医師が病状を都道府県公安委員会に任意で提供できるとする規定も設けられた。
 2011年4月、栃木県鹿沼市で、てんかん患者がクレーン車を運転中、発作を起こして児童の列に突っ込み6人が死亡。12年4月には、京都市で軽ワゴン車が暴走し8人が死亡、運転者の持病のてんかん発作が原因とされた。これらの事故を受けて改正に至ったもの。

 道交法の改正に伴い、労働安全衛生法の移動式クレーン、ドラグ・ショベルなどの建設機械、フォークリフトなどの運転等に必要な「免許や技能講習修了証を既に持っている人」に対して、「意識障害などの自覚症状がある場合には、免許の返納や運転の自粛をご検討ください」とする呼びかけが厚生労働省からなされている。

厚労省の関連リーフレットは下記URLから
→ http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/anzen/dl/140603-1.pdf

改正道交法の質問項目

( ↑ 質問項目(参照)クリックすると拡大表示できます)


労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg






関連記事
スポンサーサイト

| 健康管理 | 11:02 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2014/08/16 05:40 | |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2014/08/24 02:34 | |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2014/08/29 20:51 | |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2014/09/02 11:07 | |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2014/09/04 00:27 | |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT