労務安全情報センター[安全衛生]

労働条件、労働基準の総合情報サイト「労務安全情報センター」がお届けします

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

改正・石綿障害予防規則-平成26.6.1から施行へ

[石綿障害予防規則一部改正-26.6.1施行]

主たる改正点は、次の2点。
詳細は、以下の厚生労働省サイトを直接ご確認ください。
→ http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000041134.html

■1 石綿含有保温材、耐火被覆材などによる石綿ばく露防止対策の強化

[ 改正のポイント]

(1) 労働者を就業させる建築物などで石綿を含む保温材、耐火被覆材などが損傷・劣化して、労働者が石綿などの粉じんにばく露するおそれがある場合、 事業者などが次の措置を講じる。

ア 労働者が就業する建築物など:保温材、耐火被覆材などの除去、封じ込め、囲い込みなどの措置を行う

イ 労働者が臨時に就業する建築物など:労働者に呼吸用保護具などを使用させる

ウ 建築物の貸与を受けた複数事業者が共有する廊下など:貸与者がアの措置をとる

(2) 石綿などを含む保温材、耐火被覆材などの 封じ込め、囲い込みの作業に労働者を従事させ る場合、事前調査の実施や、作業計画の策定などを行う。

石綿則改正1
( ↑ クリックすると拡大表示できます)

■2 隔離した作業場所からの石綿などの漏えい防止対策の強化

[ 改正のポイント]

吹き付けられた石綿の除去などに労働者を従事させる場合、事業者は次の措置を講じる。

ア 隔離空間の手前に設置された前室に加え、 洗身室と更衣室を設置する

イ 前室を負圧に保ち、その日の作業開始前に前室の負圧状態を点検する

ウ 前室の負圧が確認できない時は、集じん・排気装置の増設などの措置を講じる

エ 集じん、排気措置 の排気口からの石綿漏えいの有無を点検する

オ 排気口からの漏えい時は装置の補修などの措置を講じる

石綿則改正2
( ↑ クリックすると拡大表示できます)



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg





関連記事
スポンサーサイト



| 法,規則改正,新通達(2012.1-) | 17:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://spotjn.blog.fc2.com/tb.php/145-2e1575e1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT