労務安全情報センター[安全衛生]

労働条件、労働基準の総合情報サイト「労務安全情報センター」がお届けします

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

現在、日本に、無災害事業所はどのくらいあるか

1 表題の質問の答え 無災害事業所の割合は、「61.8%」である。
 (経年推移は、第1-2図=グラフ参照)
  22年無災害事業所割合

2 平成22年労働災害動向調査によると、日本の労働災害の指標を代表的なものでみると次のとおりである。

 イ 平成22年の度数率1.61、強度率0.09、損失日数55.5日、不休災害度数率3.48となっている。
  22年度数率

 ロ なお、業種別にみると次のとおりである。
  22年業種別度数、強度率

○ 平成22年度数率は、平均1.61であるが、業種別にみると、生活関連サービス業、娯楽業 4.77、運輸業,郵便業 3.07、サービス業(他に分類されないもの)3.06の順に高い

○ 平成22年強度率は、0.09であるが、業種別にみると、運輸業・郵便業0.16、建設業(職別・設備工事業に限る)0.12、サービス業0.12、卸売業,小売業0.11の順にい


これらの興味深い調査結果(平成22年労働災害動向調査)は、次のURLから直接確認することができる。
 ⇒ http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/saigai/10/



関連記事
スポンサーサイト



| 安全管理 | 20:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT