労務安全情報センター[安全衛生]

労働条件、労働基準の総合情報サイト「労務安全情報センター」がお届けします

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

都道府県別定期健診の有所見率-沖縄・福井・秋田が高く、鳥取・岐阜が低い

 厚生労働省が、平成24年定期健康診断実施結果(事業場規模50人以上の集計)を公表している。
 その概要は次のとおり。

(平成24年)
健康診断実施延事業場数110,104(うち年2回実施事業場数32,009)
受信者数13,096,696
有所見者数6,900,380
有所見率52.7%

(有所見率内訳)
聴力(1000Hz)3.6
聴力(4000Hz)7.7
胸部X線検査4.3
喀痰検査2.2
血 圧14.5
貧血検査7.4
肝機能検査15.1
血中脂質32.4
血糖検査10.2
尿検査(糖)2.5
尿検査(蛋白)4.2
心電図9.6
有所見率52.7

1 都道府県別有所見率
都道府県名 有所見率
01 北海道 56.4
02 青森 59.4
03 岩手 59.4
04 宮城 55.2
05 秋田 62.0
06 山形 59.5
07 福島 53.1
08 茨城 54.5
09 栃木 54.2
10 群馬 52.1
11 埼玉 54.9
12 千葉 49.3
13 東京 51.3
14 神奈川 53.7
15 新潟 57.9
16 富山 55.2
17 石川 50.8
18 福井 62.6
19 山梨 54.7
20 長野 54.6
21 岐阜 47.2
22 静岡 48.9
23 愛知 49.9
24 三重 48.4
25 滋賀 49.5
26 京都 51.5
27 大阪 51.4
28 兵庫 52.2
29 奈良 53.4
30 和歌山 53.7
31 鳥取 44.9
32 島根 56.3
33 岡山 54.3
34 広島 53.9
35 山口 51.7
36 徳島 55.5
37 香川 52.2
38 愛媛 49.6
39 高知 59.7
40 福岡 52.8
41 佐賀 54.5
42 長崎 58.9
43 熊本 54.8
44 大分 52.0
45 宮崎 49.7
46 鹿児島 51.7
47 沖縄 63.9

2 業種別有所見率
次の業種は、平均有所見率の52.7%と比較して低い。

製造業 51.3
金融広告業 50.4
映画演劇業 50.5
保健衛生 47.7
接客娯楽業 51.0



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg



関連記事
スポンサーサイト



| 健康管理 | 08:49 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT