労務安全情報センター[安全衛生]

労働条件、労働基準の総合情報サイト「労務安全情報センター」がお届けします

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

胆管がんなど21疾病を新規追加へ(労基法・業務上疾病の範囲)

(労働基準法施行規則別表第1 の2)
35条疾病追加
 ( ↑ 厚労省発表資料から。クリックで拡大表示できます。)

 労働基準法施行規則別表第1 の2 は、業務上疾病の範囲を明確にし、事業主の災害補償義務の履行確保を図る等ため業務上疾病の範囲を明示している。
 同別表については、前回検討を行われた平成21 年以降のあたらな状況を踏まえて、同表に、新たに追加すべき疾病があるか否か検討を行われた結果、次のア~オの取り扱いが決まったもの。(労働基準法施行規則第35 条専門検討会)

ア 「アジ化ナトリウム」ほか16物質による疾病を追加

1 アジ化ナトリウム(頭痛、めまい、嘔吐等の自覚症状、前眼部障害、血圧降下又は気道障害)
2 インジウム及びその化合物( 肺障害)
3 2,3-エポキシプロピル=フェニルエーテル(皮膚障害)
4 過酸化水素 (皮膚障害、前眼部障害又は気道・肺障害)
5 グルタルアルデヒド (皮膚障害、前眼部障害又は気道障害)
6 テトラメチルチウラムジスルフィド (皮膚障害)
7 テレビン油 (皮膚障害)
8 N-(トリクロロメチルチオ)-1,2,3,6-テトラヒドロフタルイミド(皮膚障害)
9 二亜硫酸ナトリウム (皮膚障害又は気道障害)
10 ニッケル及びその化合物 (皮膚障害)
11 ヒドロキノン (皮膚障害)
12 1-ブロモプロパン (末梢神経障害)
13 2-ブロモプロパン (生殖機能障害)
14 ヘキサヒドロ-1,3,5- トリニトロ-1,3,5-トリアジン(頭痛、めまい、嘔吐等の自覚症状又は意識喪失を伴う痙攣)
15 ペルオキソ二硫酸アンモニウム (皮膚障害又は気道障害)
16 ペルオキソ二硫酸カリウム( 皮膚障害又は気道障害)
17 ロジウム及びその化合物 (皮膚障害又は気道障害)
18 タリウム及びその化合物(頭痛、めまい、嘔吐等の自覚症状、皮膚障害又は末梢神経障害)

イ ベリリウム及びその化合物による肺がん」を追加

1 ベリリウム及びその化合物による肺がん
2 1,2-ジクロロプロパンによる胆管がん
3 ジクロロメタンによる胆管がん

ウ 「タリウム及びその化合物による皮膚障害等」を追加

エ 接触皮膚炎に係る2物質は追加しない(因果関係が明らかではない

オ 「1,2-ジクロロプロパンによる胆管がん」「ジクロロメタンによる胆管がん」を追加


[編注、コメント]
 以上の結論に基づき、今後、規則改正が予定されている。
 なお、厚労省の発表資料(専門検討会の報告書等)は、以下のURLから直接参照できる。
 → http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000035viv.html


労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg



関連記事
スポンサーサイト



| 法,規則改正,新通達(2012.1-) | 13:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT