労務安全情報センター[安全衛生]

労働条件、労働基準の総合情報サイト「労務安全情報センター」がお届けします

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

人力による抱きかかえ等の移乗介助は、原則禁止「腰痛予防対策指針を改訂」

 厚生労働省は2013.6.18、「職場における腰痛予防対策指針」を19年ぶりに改訂した。

 新指針は、
(1) 腰部に著しい負担のかかる、ベッドから抱きかかえるなど、腰に著しい負担がかかる移乗介助は、原則として、人の力で抱き上げることを禁止し、リフトなど介護機器の活用を求めている。
(2) また、適用対象を従来の「重症心身障害児施設等における介護作業」から、腰痛が多発している「福祉・医療等における介護・看護作業」まで拡大
などした。

 指針改定は、介護労働の現場における腰痛発生件数が大幅に増加していることを受けたもの。
 「腰痛がもっとも多く発生するのは入浴介護時の移乗中で、とくに単独作業中であることが明らかとなった。」などの調査結果も反映されたものとなっている。

  急増する「社会福祉施設における腰痛」↓

社会福祉施設の腰痛

[編注、コメント]

 19年ぶりに改定されることとなった「職場における腰痛予防対策指針」。以下のURLから直接参照することができます。 → http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/youtsuushishin.html
 指針は長文だが、わかりやすいパンフレット等にして、広く、深く浸透を図り、問題を解決しなければならない。


労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg




関連記事
スポンサーサイト



| 労働衛生 | 22:03 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT