労務安全情報センター[安全衛生]

労働条件、労働基準の総合情報サイト「労務安全情報センター」がお届けします

2015年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

安衛法~文書交付、名称表示等を要する化学物質として27を追加へ

法改正情報
安衛法施行令
労働安全衛生規則


 厚労省は、労働政策審議会から「労働安全衛生法施行令の一部を改正する政令案要綱」と「労働安全衛生規則の一部を改正する省令案要綱」について答申を受けて、政省令の改正を行う。

 施行日は、平成29.3.1

 改正概要

 国内で譲渡・提供しようとする際に文書(安全データシート:SDS)の交付、化学物質等の名称等の表示(ラベル表示)やリスクアセスメントの実施が必要となる物質を定める「労働安全衛生法施行令別表第9」に、一定の有害性が明らかになった27の化学物質を追加するもの。
(↓ 以下の図表はクリックすると拡大表示できます)

追加27物質


厚労省説明資料1


厚労省説明資料2


 [編注、コメント]

 厚労省の発表資料は、下記URLから直接確認することができます。
 → http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000109948.html
 今回の27物質には、裾切値(当該物質の含有量がその値未満の場合、表示義務等の対象としない)を設定がされていますが、当該基準は上記のURLの検討会報告書(http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11305000-Roudoukijunkyokuanzeneiseibu-Kagakubushitsutaisakuka/0000109954.pdf)を参照してください。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg




スポンサーサイト

| 法改正(平24.1~) | 12:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |