労務安全情報センター[安全衛生]

労働条件、労働基準の総合情報サイト「労務安全情報センター」がお届けします

2015年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ロープ高所作業に安全対策規定を新設~H28.1.1施行

ロープ高所作業

労働安全衛生規則改正
第9章墜落、飛来崩壊等による危険の防止
1 第3節ロープ高所作業における危険の防止第539条の2~9を新設~H28.1.1施行
2 第36条 40号(特別教育)新設~H28.7.1施行


具体的には、
1 (安全帯と取り付けるための)ライフラインの設置
2 (作業場所の事前調査と)作業計画の策定
3 作業指揮者の配置
4 安全帯、保護帽の使用義務
5 作業開始前点検
6 特別教育の義務化
[特例] 一定の安全措置を講ずることを前提に、「ビルクリーニングの業務、のり面の保護作業以外の作業(=具体的には、「橋梁、ダム、風力発電等の調査、点検、検査を行う作業」)には、ライフラインの設置については適用しない。

厚労省関連ホームページ
→ http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000093057.html
関連リーフレット
→ http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11300000-Roudoukijunkyokuanzeneiseibu/0000098505.pdf
ロープ高所作業
(厚労省リーフレットから)

[編注、コメント]

 よく街中で見かけるビルの外壁清掃作業(ブランコ作業)等の安全対策に係る関連規則の整備だ。
 現状で、ロープ高所作業において過去6年に死亡が24人発生しているという。
 新規に法規制されるということは、このレベルの安全対策には、業界では大半の事業者が対応できているということだろうが、今回の法規制によってこの分野における安全(墜落防止)対策がより徹底されることになるだろう。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg


スポンサーサイト

| 法改正(平24.1~) | 11:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT