労務安全情報センター[安全衛生]

労働条件、労働基準の総合情報サイト「労務安全情報センター」がお届けします

2014年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

小売業、社会福祉施設、飲食店等に「安全推進者」の配置して、職場の安全に取り組もう

 平26.3.28厚労省から安全推進者選任のガイドライン!

 第三次産業の中でも、労働災害が多い「小売業、社会福祉施設、飲食店」を、労働災害削減の重点業種に指定し、法定では義務化されていない安全の担当者(安全推進者)の選任をして、安全への取組強化を図ろうとするガイドラインが出された。
 以下、安全推進者の要件、職務等の概要について紹介します。
安全推進者の選任
< ↑ クリックすると拡大表示できます>


1 安全推進者の要件

 安全推進者は、
 職場内の整理整頓(4S活動)、交通事故防止等、業種の別に関わりなく事業所内で一般的に取り組まれている安全活動に従事した経験を有する者のうちから配置するものとする。
 なお、常時使用する労働者が50人を超える事業場や労働災害を繰り返し発生させた事業場については、安全に対する知見を少しでも多く有する者を配置する観点から、以下の者を配置することが望ましい。

ア 安全衛生推進者の資格を有する者
  ○ 大学を卒業後1年以上安全衛生の実務を経験した者
  ○ 高校を卒業後3年以上安全衛生の実務を経験した者
  ○ 5年以上安全衛生の実務を経験した者
  ○ 安全衛生推進者養成講習修了者等

イ アと同等以上の能力を有すると認められる者
  ○ 労働安全コンサルタントの資格を有する者
  ○ 安全管理士の資格を有する者
  ○ 安全管理者の資格を有する者

2 安全推進者の職務

1) 職場環境及び作業方法の改善に関すること
   例 職場内の整理整頓(4S活動)の推進、床の凸凹面の解消等職場内の危険箇所の改善、刃物や台車等道具の安全な使用に関するマニュアルの整備等
2) 労働者の安全意識の啓発及び安全教育に関すること
   例 朝礼等の場を活用した労働災害防止に係る意義の周知・啓発、荷物の運搬等の作業に係る安全な作業手順についての教育・研修の実施等
3) 関係行政機関に対する安全に係る各種報告、届出等に関すること
   例 労働災害を発生させた場合における労働者死傷病報告の作成及び労働基準監督署長への提出等


[編注、コメント]

 常時10~49人の事業場では、「衛生推進者」と「安全推進者」の2名を選任しなければならないというのが、少々悩ましいかも知れない。(もっとも、その場合は、安全衛生推進者の選任によって対応することも可能ではある。)
 なお、ガイドライン通達は以下のURLから直接参照することができます。
 http://okayama-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/library/okayama-roudoukyoku/anzen/2014423163447.pdf



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg



スポンサーサイト

| 安全管理 | 17:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。