労務安全情報センター[安全衛生]

労働条件、労働基準の総合情報サイト「労務安全情報センター」がお届けします

2011年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

福島第一原発作業員に、離職後を含めた「長期的な健康管理」を実施へ

 厚生労働省は、福島第一原発作業員の長期健康管理に関して、2011.9.26検討会報告書をまとめた。
 検討会報告書は、当該作業員に対して、「離職後を含めて長期的に被ばく線量等を追跡できるデータベースを構築し、長期的な健康管理を行うこと」とする方針を提起している。

 検討会報告書全文は、下記URLから直接参照することができる。
 ⇒ http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001plbx.html

 なお、長期管理のためのデータベースの構築以外の長期健康管理対策は、概ね、つぎの内容(厚生労働省発表報告書「概要」から)。
-----------------------------
 緊急作業従事者を対象に、事業者が、被ばく線量に応じた検査等を実施する。
 ただし、離職した緊急作業従事者等については、国が健康相談、保健指導、被ばく線量に応じた検査等を実施する。

(被ばく線量に応じた具体的実施事項)

1 全ての緊急作業従事者に実施(登録証を交付)
  法令に基づく健康診断を実施
  メンタルヘルスケアも含めた健康相談、保健指導を実施
2 50mSvを超える緊急作業従事者に実施(手帳を交付)
  上記に加え、白内障に関する眼の検査を実施
3 100mSvを超える緊急作業従事者に実施
  上記に加え、甲状腺の検査、がん検診(胃、肺、大腸)を実施
-----------------------------


スポンサーサイト

| 健康管理 | 20:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。