労務安全情報センター[安全衛生]

労働条件、労働基準の総合情報サイト「労務安全情報センター」がお届けします

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

パート労働者に対する健康診断の取扱基準はどうなっているか

パート労働者に対する健康診断

■パート労働者の健康診断の取扱い
 正社員の週所定労働時間の
  3/4以上働くパート労働者に対しては、健康診断を実施する義務あり(実受診率92%)
  1/2以上3/4未満働くパート労働者に対しては、「健康診断の実施が望ましい」という取扱いになっていますが、実際には全体の72%のパートしか受診できていません。
  1/2未満のパート労働者には通達上の取扱い基準はありません。(実受診率59%)

■パート労働者の健康診断実施上の課題
 
 1 勤務と健康診断実施の時間が合わない場合がある。
 2 健康診断実施時間分の給与を⽀払っていない ~「健康診断の実施時間は、「業務として取り扱い、給与を⽀払うことが望ましい」とされているが、給与が払われていないケースがある」

 (参考)
 「パートタイム労働者の健康診断を実施しましよう」厚労省作成のパンフレット
 → http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/pamphlet/pdf/150330-1.pdf



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg




スポンサーサイト

| 健康診断 | 13:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |