労務安全情報センター[安全衛生]

労働条件、労働基準の総合情報サイト「労務安全情報センター」がお届けします

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

情報通信機器を用いた安全委員会等の開催(令2.8.27基発0827第1号)

情報通信機器を用いた安全委員会等の開催
(令2.8.27基発0827第1号)

(原則)
 ア 対面により安全委員会等を開催する場合と同様に、情報通信機器を用いた安全委員会等において、委員相互の円滑な意見交換等が即時に行われ、必要な事項についての調査審議が尽くされていること。
 なお、音声通信による開催やチャット機能を用いた意見交換等による開催については、調査審議に必要な資料が確認でき、委員相互の円滑な意見交換等及び必要な事項についての十分な調査審議が可能であること。

(予め安全委員会等で定められている場合)
 (前記アによることが原則であるが、通達に示す留意事項を踏まえ、予め安全委員会等で定められている場合には、)電子メール等を活用した即時性のない方法により開催することとして差し支えないこと。

(議事の記録)
 委員会における議事で重要なものについて、書面により記録し保存する必要があること。


[編注、コメント]
 情報通信機器を用いた安全委員会等の開催の龍事項等の詳細は、以下の通知を参照してください。

◎ 情報通信機器を用いた労働安全衛生法第17条、第18条及び第19条の規定に基づく安全委員会等の開催について(令和2年8月27日基発0827第1号)
https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T200901K0020.pdf




労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg

スポンサーサイト



| 法,規則改正,新通達(2012.1-) | 09:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

化学物質取扱業務従事者の特殊健康診断健診項目の見直し、R2.7.1施行へ

化学物質取扱業務従事者の
特殊健康診断健診項目の見直し、
R2.7.1施行へ


 労働安全衛生法に基づく特定化学物質障害予防規則、有機溶剤中毒予防規則等が制定されてから40年以上が経過。
 現在の医学的知見に基づき、化学物質取扱業務従事者に係る特殊健康診断の健診項目を全面的に見直ししたもの。

改正の内容

◎ ベンジジン等の尿路系腫瘍を発生させる特定化学物質(11物質)の健診項目について、最新の知見を踏まえて設定されたオルト-トルイジンの健診項目と整合させたこと。
◎ トリクロロエチレン等の特別有機溶剤(9物質)について、発がんリスクや物質の特性に応じたて健診項目に見直したこと。
◎ 重金属(3物質)について、四アルキル鉛の健診項目等を鉛の健診項目等と整合させるとともに、カドミウムについて最新の知見を踏まえた健診項目に見直したこと。
◎ 以上23物質の改正に加え、最新の知見等を踏まえ、効果的・効率的な特殊健康診断を実施するための健診項目の整備を行ったこと。
特殊検診項目の見直しR020701


[編注、コメント]

以下、関連事項へのリンクです。直接参照してください。

「労働安全衛生規則等の一部を改正する省令案要綱」の諮問と答申(関係資料)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_09081.html

リーフレット
化学物質取扱業務従事者に係る特殊健康診断の項目を見直しました(令和2年7月1日 施行)
https://www.mhlw.go.jp/content/000636243.pdf




労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg

| 法,規則改正,新通達(2012.1-) | 08:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

高年齢労働者の安全と健康確保のためのガイドライン(2020.3.16)のポイント

高年齢労働者の
安全と健康確保のための
ガイドライン(2020.3.16)のポイント
 

 厚生労働省は、2020.3.16、「高年齢労働者の安全と健康確保のためのガイドライン」(通称:エイジフレンドリーガイドライン)を公表した。

高齢者安全ガイドライン

 ガイドラインのポイント
 高年齢労働者の就労状況や業務の内容等の実情に応じて、国や関係団体等による支援も活用して、法令で義務付けられているものに必ず取り組むことに加えて、実施可能な高齢者労働災害防止対策に積極的に取り組むよう努める。

【具体的な取組】
(1)安全衛生管理体制の確立等
 経営トップ自らが安全衛生方針を表明し、担当する組織や担当者を指定するとともに、高年齢労働者の身体機能の低下等による労働災害についてリスクアセスメントを実施

(2)職場環境の改善
 照度の確保、段差の解消、補助機器の導入等、身体機能の低下を補う設備・装置の導入などのハード面の対策とともに、勤務形態等の工夫、ゆとりのある作業スピード等、高年齢労働者の特性を考慮した作業管理などのソフト面の対策も実施

(3)高年齢労働者の健康や体力の状況の把握
 健康診断や体力チェックにより、事業者、高年齢労働者双方が当該高年齢労働者の健康や体力の状況を客観的に把握

(4)高年齢労働者の健康や体力の状況に応じた対応
 健康診断や体力チェックにより把握した個々の高年齢労働者の健康や体力の状況に応じて、安全と健康の点で適合する業務をマッチングするとともに、集団及び個々の高年齢労働者を対象に身体機能の維持向上に取り組む

(5)安全衛生教育
 十分な時間をかけ、写真や図、映像等文字以外の情報も活用した教育を実施するとともに、再雇用や再就職等で経験のない業種や業務に従事する高年齢労働者には、特に丁寧な教育訓練を実施


(参考資料)
別添資料1 高年齢労働者の安全と健康確保のためのガイドライン 概要
https://www.mhlw.go.jp/content/11302000/000608124.pdf
別添資料2 高年齢労働者の安全と健康確保のためのガイドライン
https://www.mhlw.go.jp/content/11302000/000609494.pdf



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg

| 法,規則改正,新通達(2012.1-) | 16:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

(通達)労働安全衛生法の解釈等について(平31.3.29 基発0329第2)

(通達)
労働安全衛生法の解釈等について(平31.3.29 基発0329第2)

 「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律による改正後の労働安全衛生法及びじん肺法関係の解釈等について」の一部改正について(平31.3.29 基発0329第2)(厚生労働省)
  https://www.mhlw.go.jp/content/000507330.pdf

 本通達には、次の事項についてQ&A形式質疑が載っているので、理解し易い。
 第1 産業医・産業保健機能の強化
 第2 面接指導等(労働時間の状況の把握を含む)



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg



| 法,規則改正,新通達(2012.1-) | 07:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リーフレット/伐木作業等の安全対策の規制が変わります(2019.8.1施行)

2019(平成31)年8月1日施行に向けて
2019.3新規リーフレット

伐木作業等の安全対策の規制が変わります!
~ 伐木作業等を行うすべての業種が対象~
https://www.mhlw.go.jp/content/000490976.pdf

伐木の安全


[関連]伐木作業等にかかる危険防止(安衛則の一部改正)
http://spotjn.blog.fc2.com/blog-category-5.html#no282




労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg



| 法,規則改正,新通達(2012.1-) | 15:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT