労務安全情報センター[安全衛生]

労働条件、労働基準の総合情報サイト「労務安全情報センター」がお届けします

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

最近の規則改正リーフレット(オルト―トルイジン等の特殊健康診断)

オルトトリジンリーフレット

平29.1.1、平29.4.1等施行
オルト―トルイジンとMOCA(3,3’―ジクロロ―4,4’-ジアミノジフェニルメタン)の特殊健康診断について
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11300000-Roudoukijunkyokuanzeneiseibu/pf_03.pdf



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg

スポンサーサイト

| 法改正(平24.1~) | 14:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

最近の規則改正リーフレット( 作業環境測定(評価)基準の改正)

作業環境測定基準改正リーフ

平29.1.1等施行
作業環境測定(評価)基準の改正について
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11300000-Roudoukijunkyokuanzeneiseibu/0000151387.pdf



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg

| 法改正(平24.1~) | 14:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

危険物乾燥設備の爆発戸等設置の例外措置(安衛則改正)

安衛則改正

 危険物乾燥設備を使用して加熱乾燥する乾燥物が爆発する場合に生じる圧力に耐える強度を有する危険物乾燥設備について、爆発戸等の設置等を免除する。(労働安全衛生規則第 294 条第4号)

 [趣旨]

 現在、労働安全衛生規則では、危険物乾燥設備については、内部で爆発が発生した場合に、設備全体の破裂などを防ぐため、有効な爆発戸、爆発孔などを設けることを求められている。今回の改正では、爆発で発生した圧力を設備が変形することで吸収し、設備が破壊されることを防止できる構造等を持つ危険物乾燥設備については、爆発戸などを設置する義務を免除することとするもの。

平成29年6月1日施行
関連情報 以下のURL参照してください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000152406.html
[改正条文]
安衛則第294条第4号に、以下のただし書きを追加。
危険物乾燥設備は、周囲の状況に応じ、その上部を軽量な材料で造り、又は有効な爆発戸、爆 発孔等を設けること。ただし、当該危険物乾燥設備を使用して加熱乾燥する乾燥物が爆発する 場合に生じる圧力に耐える強度を有するものについては、この限りでない


労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg

| 法改正(平24.1~) | 21:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3・3’-ジクロロ-4・4’-ジアミノジフェニルメタンの健診に検査項目追加

特定化学物質障害予防規則
(特殊健診の検査項目追加)
改正へ


改正事項
1 3・3’-ジクロロ-4・4’-ジアミノジフェニルメタン(MOCA)に係る特殊健康診断の項目に、膀胱がん等尿路系腫瘍を予防・早期発見するための項目(尿中の潜血検査、膀胱鏡検査等)を追加するもの。

2 施行期日 平成29年4月1日施行 (予定)

情報源
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000149626.html



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg

| 法改正(平24.1~) | 13:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

労働安全衛生法施行令の一部改正[オルト―トルイジンを特定化学物質に追加]

労働安全衛生法施行令の一部改正

1 オルト―トルイジンを特定化学物質に追加

 オルト―トルイジンを、特定化学物質障害予防規則の対象物質に追加。
 これにより、オルト―トルイジンを含む製剤の製造や、これらを取り扱う業務を行う場合には、新たに、化学物質の発散を抑制するための設備の設置、作業環境測定の実施、特殊健康診断の実施、作業主任者の選任などが義務付けられ、作業環境測定や健康診断の結果、作業の記録などを 30 年間保存することが必要となる。

オルトとリジン
(↑クリックすると拡大表示できます)(厚労省説明資料から)


2 経皮吸収対策の強化

  経皮吸収によって健康影響を及ぼす可能性が高いとされている物質について、シャワーなどの洗浄設備と不浸透性の保護衣などの使用を新たに義務付ける。

経費吸収
(↑クリックすると拡大表示できます)(厚労省説明資料から)


 [編注、コメント]
 詳細は、http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000140067.html で確認できます。
 施行日は
 平成29年1月1日予定




労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg




| 法改正(平24.1~) | 14:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT