労務安全情報センター[安全衛生]

労働条件、労働基準の総合情報サイト「労務安全情報センター」がお届けします

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

3・3’-ジクロロ-4・4’-ジアミノジフェニルメタンの健診に検査項目追加

特定化学物質障害予防規則
(特殊健診の検査項目追加)
改正へ


改正事項
1 3・3’-ジクロロ-4・4’-ジアミノジフェニルメタン(MOCA)に係る特殊健康診断の項目に、膀胱がん等尿路系腫瘍を予防・早期発見するための項目(尿中の潜血検査、膀胱鏡検査等)を追加するもの。

2 施行期日 平成29年4月1日施行 (予定)

情報源
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000149626.html



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg
スポンサーサイト

| 法改正(平24.1~) | 13:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

労働安全衛生法施行令の一部改正[オルト―トルイジンを特定化学物質に追加]

労働安全衛生法施行令の一部改正

1 オルト―トルイジンを特定化学物質に追加

 オルト―トルイジンを、特定化学物質障害予防規則の対象物質に追加。
 これにより、オルト―トルイジンを含む製剤の製造や、これらを取り扱う業務を行う場合には、新たに、化学物質の発散を抑制するための設備の設置、作業環境測定の実施、特殊健康診断の実施、作業主任者の選任などが義務付けられ、作業環境測定や健康診断の結果、作業の記録などを 30 年間保存することが必要となる。

オルトとリジン
(↑クリックすると拡大表示できます)(厚労省説明資料から)


2 経皮吸収対策の強化

  経皮吸収によって健康影響を及ぼす可能性が高いとされている物質について、シャワーなどの洗浄設備と不浸透性の保護衣などの使用を新たに義務付ける。

経費吸収
(↑クリックすると拡大表示できます)(厚労省説明資料から)


 [編注、コメント]
 詳細は、http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000140067.html で確認できます。
 施行日は
 平成29年1月1日予定




労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg




| 法改正(平24.1~) | 14:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

法人の代表者などが、自らの事業場の産業医を兼任することの禁止

労働安全衛生規則改正へ

 事業者は、産業医を選任するにあたって、法人の代表者若しくは事業を営む個人(事業場の運営について利害関係を有しない者を除く。)又は事業場においてその 事業の実施を統括管理する者を選任してはならないこととする。

 改正規則の施行は、平成29年4月1日を予定


 [編注、コメント]
 企業の代表取締役、医療法人の理事長、病院の院長等が産業医を兼務している事例がみられるが、これは好ましくないため、法律上の禁止事項とするもの。

 関連情報は、厚労省の下記サイトから確認することができます。
 → http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000115152.html



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg


| 法改正(平24.1~) | 02:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

安衛法~文書交付、名称表示等を要する化学物質として27を追加へ

法改正情報
安衛法施行令
労働安全衛生規則


 厚労省は、労働政策審議会から「労働安全衛生法施行令の一部を改正する政令案要綱」と「労働安全衛生規則の一部を改正する省令案要綱」について答申を受けて、政省令の改正を行う。

 施行日は、平成29.3.1

 改正概要

 国内で譲渡・提供しようとする際に文書(安全データシート:SDS)の交付、化学物質等の名称等の表示(ラベル表示)やリスクアセスメントの実施が必要となる物質を定める「労働安全衛生法施行令別表第9」に、一定の有害性が明らかになった27の化学物質を追加するもの。
(↓ 以下の図表はクリックすると拡大表示できます)

追加27物質


厚労省説明資料1


厚労省説明資料2


 [編注、コメント]

 厚労省の発表資料は、下記URLから直接確認することができます。
 → http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000109948.html
 今回の27物質には、裾切値(当該物質の含有量がその値未満の場合、表示義務等の対象としない)を設定がされていますが、当該基準は上記のURLの検討会報告書(http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11305000-Roudoukijunkyokuanzeneiseibu-Kagakubushitsutaisakuka/0000109954.pdf)を参照してください。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg




| 法改正(平24.1~) | 12:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

石綿含有成形板の除去作業における石綿ばく露防止措置

石綿含有成形板の除去作業における石綿ばく露防止措置

背景

○ 比較的高濃度の石綿検出
  石綿含有成形板の除去を行う作業場から比較的高濃度の石綿が検出された

○ 高濃度石綿検出時の作業
  建築物から取り外した石綿含有成形板(内装材、ケイ酸カルシウム板第1 種)を手作業で約30 センチメートル角に破砕する作業を行っていたもの

○ 推定原因
  湿潤化が十分でなく、破砕時に板の破断面から石綿等の粉じんが発散したこと及び床面に堆積していた粉じんが再飛散した


対策
(厚生労働省労働基準局安全衛生部化学物質対策課長平成27 年11 月17 日基安化発1117 第2 号通知


1 石綿含有成形板の除去に当たっては、原則として手ばらしで、破砕又は切断等を伴わない方法で行うこととし、建物から取り外した廃材を原形のまま保管・運搬できるよう十分な大きさのフレキシブルコンテナバッグや車両を用意すること。

2 石綿含有成形板が大きい等によりやむを得ず破砕等が必要な場合は、石綿等の粉じんを発散させないよう十分な湿潤化を行うとともに、作業場所の外部に飛散させないための措置を講じること。なお、板表面への事前の散水だけでは、破砕等に伴う破断面からの発じん対策として十分でないので、破断面への散水等の措置を講じながら作業を行うこと

3 破砕等に伴い発生した石綿等の粉じんが床面に堆積し、再飛散するおそれがあるので、状況に応じて飛散防止の措置を講じながら作業を行うこと。


  [編注、コメント]

  厚生労働省が環境省と合同で実施した東日本大震災被災地における建築物の解体現場での石綿気中濃度調査において、石綿含有成形板の除去を行う作業場から比較的高濃度の石綿が検出されたことに伴う同種事例の再発防止のための通知。

  通知原文は書きURLから参照できます。
  → http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T151125K0040.pdf



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg



| 法改正(平24.1~) | 10:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT