労務安全情報センター[安全衛生]

労働条件、労働基準の総合情報サイト「労務安全情報センター」がお届けします

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

(通達)労働安全衛生法の解釈等について(平31.3.29 基発0329第2)

(通達)
労働安全衛生法の解釈等について(平31.3.29 基発0329第2)

 「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律による改正後の労働安全衛生法及びじん肺法関係の解釈等について」の一部改正について(平31.3.29 基発0329第2)(厚生労働省)
  https://www.mhlw.go.jp/content/000507330.pdf

 本通達には、次の事項についてQ&A形式質疑が載っているので、理解し易い。
 第1 産業医・産業保健機能の強化
 第2 面接指導等(労働時間の状況の把握を含む)



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg



スポンサーサイト

| 法改正(平24.1~) | 07:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リーフレット/伐木作業等の安全対策の規制が変わります(2019.8.1施行)

2019(平成31)年8月1日施行に向けて
2019.3新規リーフレット

伐木作業等の安全対策の規制が変わります!
~ 伐木作業等を行うすべての業種が対象~
https://www.mhlw.go.jp/content/000490976.pdf

伐木の安全


[関連]伐木作業等にかかる危険防止(安衛則の一部改正)
http://spotjn.blog.fc2.com/blog-category-5.html#no282




労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg



| 法改正(平24.1~) | 15:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オルト-トルイジンを健康管理手帳、業務上疾病の対象に

オルト-トルイジン

 「労働安全衛生法施行令の一部を改正する政令案要綱及び労働安全衛生規則の一部を改正する省令案要綱」の諮問と答申  ~オルト-トルイジンの製造・取扱業務を健康管理手帳の交付対象業務とします~
 https://www.mhlw.go.jp/haishin/u/l?p=F-tUv4vPb3OMmUeFY

 「労働基準法施行規則の一部を改正する省令案要綱」の諮問と答申
 ~オルト-トルイジンによる膀胱(ぼうこう)がんを業務上疾病として明確化します~
 https://www.mhlw.go.jp/haishin/u/l?p=k2_jPxEeC8FLd3YBY




労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg



| 法改正(平24.1~) | 13:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

産業医・産業保健機能の強化(法改正・広報Pamphlet)

 改正安衛法の解説を載せたパンフレットが作成されています(厚労省)。
 
 パンフレット
 2019.4.1から「産業医・産業保健機能」と「長時間労働者に対する面接指導等」が強化されます」
 https://www.mhlw.go.jp/content/000484079.pdf

法改正-産業医強化




労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg

| 法改正(平24.1~) | 10:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「墜落制止用器具の規格」(旧「安全帯の規格」)を告示2019.1.25

「墜落制止用器具の規格」(旧「安全帯の規格」)を告示

フルハーネス型墜落制止用器具
 フルハーネス、胴ベルト等の用語を定義
 新規格は、平成31年2月1日に施行されます。
フルハーネスト

●使用制限:
(1) 6.75メートルを超える高さの箇所で使用する墜落制止用器具はフルハーネス型のものでなければならないこと、
(2) 墜落制止用器具は、着用者の体重とその装備品の質量の合計に耐えるものであること、
(3) ランヤードは、作業箇所の高さ・取付設備等の状況に応じ、適切なものでなければならないことを定めます。

●構造、部品の強度、材料、部品の形状、部品の接続:墜落制止用器具の構造、部品の強度、材料、部品の形状、部品の接続について、求められる要件とそれを確認するための試験方法等を定めます。

●耐衝撃性等:墜落制止用器具とその部品に求められる耐衝撃性等を確認するための試験方法等を定めます。

●表示:墜落制止用器具とその部品に求められる表示の内容を定めます。

●特殊な構造の墜落制止用器具等:特殊な構造の墜落制止用器具または国際規格等に基づき製造された墜落制止用器具に対する本規格の規定の適用除外について定めます。


(参考)
1 墜落制止用器具の規格(厚生労働省告示第11号)
  https://www.mhlw.go.jp/content/11302000/000471969.pdf

2 安全帯の規格の全部を改正する告示の施行について(基発0125第2号平成31年1月25日)
  https://www.mhlw.go.jp/content/11302000/000473245.pdf




労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg


| 法改正(平24.1~) | 14:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT