労務安全情報センター[安全衛生]

労働条件、労働基準の総合情報サイト「労務安全情報センター」がお届けします

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

平成28年「労働安全衛生調査」の結果

 平成28年「労働安全衛生調査」

 厚生労働省が2017.9.7に公表した平成28年「労働安全衛生調査(実態調査)」の結果
 詳細は以下のURLから関係資料を直接参照してください。
 → http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/h28-46-50_houdou.pdf

 調査結果の概要は以下のとおり。

事業所調査
1 リスクアセスメントを実施している事業所の割合は 46.5%(平成 27 年調査 47.5%)
2 メンタルヘルス対策に取り組んでいる事業所の割合は 56.6%(平成 27 年調査 59.7%)
  そのうち、ストレスチェックをした事業所の割合は 62.3%(平成 27 年調査 22.4%)
3 受動喫煙防止対策に取り組んでいる事業所の割合は 85.8%(平成 27 年調査 87.6%)

労働者調査
1 現在の自分の仕事や職業生活に関することで強い不安、悩み、ストレスとなっていると感じる事柄がある労働者は 59.5%(平成 27 年調査 55.7%)。ストレスとなっていると感じている事柄(主なもの3つ以内)は「仕事の質・量」が、53.8%(平成 27 年調査 57.5%)と最も多い
2 職場で他の人のたばこの煙を吸引すること(受動喫煙)がある労働者は 34.7%(平成 27 年調査 32.8%)
 そのうち、不快に感じること、体調が悪くなることがある労働者は 37.1%


[編注、コメント]
 リスクアセスメント、メンタルヘルス対策、受動喫煙対策のいずれも前年(平成27年)より実施率が落ちているようだ!



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg
スポンサーサイト

| 統計・調査から | 00:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

28年労働災害=度数率1.63(前年1.61)、強度率0.10(前年0.07)

2016年の労働災害
度数率1.63(前年1.61)、強度率0.10(前年0.07)


 厚生労働省が、2017.4.25公表した、2016年労働災害動向調査の結果によると、2016年の労働災害は度数率1.63(前年1.61)、強度率0.10(同0.07)でいずれも前年と比べ上昇。また死傷者1人平均労働損失日数は60.0日(同41.0日)も前年と比べ増加した。
 詳細は http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/saigai/16/dl/h28houdou.pdf
2016度数率強度率


[編注、コメント]
事業所規模 100 人以上事業所調査の結果。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg

| 統計・調査から | 05:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リスクアセスメント・メンタルヘルス対策の取組事業場割合が2年前より低下

平成27年
「労働安全衛生調査(実態調査)」


 厚生労働省は2016.10.13、平成27年「労働安全衛生調査(実態調査)」の結果を公表した。
 事業場の労働災害防止活動等の実態と、そこで働く労働者の意識を調査したもの。有効回答は9,223事業所、1万335人。
 同調査のうち、事業所調査結果の概要は以下のとおり。

【事業所調査】

1 リスクアセスメントを実施している事業所の割合は47.5%(平成25 年調査53.1%)

2 メンタルヘルス対策に取り組んでいる事業所の割合は59.7%(平成25 年調査60.7%)

3 派遣労働者を安全衛生活動に参加させている事業所の割合は76.4%、正社員以外労働者(派遣労働者を除く)は76.3%(正社員は81.2%)

4 受動喫煙防止対策に取り組んでいる事業所の割合は87.6%(平成25 年調査85.6%)


メンタルヘルス対策
(↑クリックすると拡大表示できます)(厚労省説明資料から)

(資料出所)http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/h27-46-50_kekka-gaiyo.pdf


 [編注、コメント]

 リスクアセスメント対策、メンタルヘルス対策に取り組む事業場割合が2年前より低下している。少し気掛かりな調査結果となっている。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg



| 統計・調査から | 21:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

平成27年度の職業性疾病の発生状況「腰痛が最多、熱中症が次ぐ」

平成27年度
職業性疾病の発生状況
「腰痛が最多、熱中症が次ぐ」


1 平成27年度の業務上疾病発生状況が公表されている。
  これによると、総発生件数は「7368件」(前年度の7415件から47件減少している。)

2 主な疾病は
 
  腰痛  4521件
  熱中症  464件
  化学物質  247件
  じん肺  251件
  病原体による疾病  201件
  頸肩腕症候群等  81件
等となっている。

3 詳細は、以下のURLから関係資料を直接参照してください。
  → http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei11/h27.html


 [編注、コメント]

上記の他、今回発表されている業務上疾病関係資料は次のとおりです。

第1表 業務上疾病発生状況(業種別・疾病別)
第2表 業務上疾病発生状況(年次別)
第3表 特殊健康診断実施状況(年次別)
第4表 特殊健康診断実施状況(対象作業別)
第5表 じん肺管理区分の決定状況(年次別)
第6表 業種別じん肺健康管理実施状況
第7表 定期健康診断実施結果(年次別)
第8表 定期健康診断実施結果(業種別)
第9表 定期健康診断実施結果(都道府県別)
統合版 業務上疾病発生状況等調査結果
PDF版 業務上疾病発生状況等調査結果



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg




| 統計・調査から | 12:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

27年産業別労働災害率100人以上の「度数率・強度率」データ出揃う

厚労省の平成27年「労働災害動向調査」の結果

 昨年(27年)の度数率、強度率が明らかになった。
 概要は以下のとおり。
 なお、詳細は、以下のURLから直接参照してください。
 → http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/saigai/15/index.html

度数率
 ワースト
 1 農林業 4.68
 2 サービス・娯楽業 3.92
 3 旅館・ホテル 3.40


 その他主だった業種をみると

 「製造業」が1.06
 「運輸業,郵便業」が3.20、
 「卸売業,小売業」が1.75
 「医療,福祉」(一部の業種に限る。)が1.34
 となっている。

強度率
 ワースト
 1 サービス・娯楽業 0.31
 2 総合工事業 0.21
 3 運輸業,郵便業 0.16


 その他主だった業種をみると

 「製造業」が0.06
 「卸売業,小売業」が0.03
 「医療,福祉」(一部の業種に限る。)が0.04
 となっている。
度数率・強度率27年



 [編注、コメント]

 「農業」の災害発生率(度数率)が突出している。安全対策が浸透せず、取り残されている!!!!!のではないか。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg


| 統計・調査から | 17:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT