労務安全情報センター[安全衛生]

労働条件、労働基準の総合情報サイト「労務安全情報センター」がお届けします

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

架橋型アクリル酸系水溶性高分子化合物を主成分とする吸入性粉じん対策

 平成29年4月28日、厚生労働省は、「有機粉じんによる肺疾患の防止について」関係労働局に指示しました。

  関連ホームページ等は下記URL参照!
  http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000163568.html

 厚生労働省は、有機粉じんの一種である「架橋型アクリル酸系水溶性高分子化合物を主成分とする吸入性粉じん」の製造事業場に対し、肺疾患などの予防的観点から、粉じんばく露防止を指導するよう関係労働局に指示したほか、
 当該製品および類似製品のメーカー等計4社に対し、流通先企業における、(1)粉じん吸入防止の徹底、(2)健康診断で肺に所見があった場合の精密検査の実施などを要請した


 [編注、コメント]
(経緯)
 樹脂(高分子化合物)等を製造する国内の化学工場の同じ作業場で働いていた6名に、肺の繊維化や間質性肺炎など様々な肺疾患が生じていると、平成28年5月、所轄の労働基準監督署に報告があったことによるもの。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg
スポンサーサイト

| 化学物質の管理 | 22:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コントロール・バンディング「対策シート一覧」

コントロール・バンディング
「対策シート一覧」



 このシステムでは、リスクアセスメントを実施する対象の作業で、取り扱っている化学物質の使用量レベル、粉じん発生/揮発性レベル、有害性レベル(GHS 区分)からリスクレベルを決定し、このリスクレベルの結果に対応して、適切な対策シートが自動出力される。

 利用者は、出力された対策シートの内容を参考に、使用している化学物質をどのように管理するかを検討することができる

 厚労省から現在までに、リスクアセスメント実施支援システム(コントロール・バンディング)により出力される対策シートの一覧が示されているので、一度、シート内容を確認しておかれなら、今後、より有効に活用できるように思われます。

 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000148537.html

対策シート一覧

PDF 対策シート100 一般原則:全体換気 [137KB]
PDF 対策シート101 一般的な貯蔵及び保管 [162KB]
PDF 対策シート102 屋外野積み [137KB]
PDF 対策シート103 集じん機の粉じん処理 [134KB]
PDF 対策シート200 一般的注意事項:局所排気装置 [151KB]
PDF 対策シート201 換気装置付き作業台 [162KB]
PDF 対策シート202 層流ブース [152KB]
PDF 対策シート202-1 プッシュプル型換気装置 [219KB]
PDF 対策シート203 集じん機の粉じん処理 [149KB]
PDF 対策シート204 コンベヤによる輸送 [147KB]
PDF 対策シート205 袋への充填 [155KB]
PDF 対策シート206 袋を空にする作業 [148KB]
PDF 対策シート207 袋または小型容器から反応装置や混合装置への充填 [155KB]
PDF 対策シート208 中間バルクキャリア(IBC)への粉体の充填と空にする作業 [143KB]
PDF 対策シート209 ドラム缶への液体の充填 [146KB]
PDF 対策シート210 ドラム缶を空にする作業とドラム缶用ポンプ [146KB]
PDF 対策シート211 粉体の計量 [158KB]
PDF 対策シート212 液体同士または液体と粉体の混合 [148KB]
PDF 対策シート213 粉体の混合 [164KB]
PDF 対策シート214 ふるい選別(シフター型) [153KB]
PDF 対策シート215 ふるい選別(スクリーン型) [145KB]
PDF 対策シート216 吹き付け塗装 [170KB]
PDF 対策シート217 酸洗浄槽およびメッキ槽 [141KB]
PDF 対策シート218 蒸気脱脂槽 [147KB]
PDF 対策シート219 棚型乾燥炉 [146KB]
PDF 対策シート220 ペレット成形 [145KB]
PDF 対策シート221 錠剤成形 [148KB]
PDF 対策シート300 封じ込めの一般原則 [142KB]
PDF 対策シート301 グローブボックスの設計と使用 [139KB]
PDF 対策シート302 集じん機の粉じん処理 [147KB]
PDF 対策シート303 粉体の輸送 [109KB]
PDF 対策シート304 袋を連続して空にする作業 [116KB]
PDF 対策シート305 ドラム缶への連続充填 [114KB]
PDF 対策シート306 ドラム缶を空にする作業 [111KB]
PDF 対策シート307 中間バルクキャリア(IBC)への充填と空にする作業(粉体) [108KB]
PDF 対策シート308 中間バルクキャリア(IBC)への充填と空にする作業(液体) [118KB]
PDF 対策シート309 タンクローリへの充填と空にする作業(粉体) [125KB]
PDF 対策シート310 タンクローリへの充填と空にする作業(液体) [138KB]
PDF 対策シート311 ケグへの充填 [135KB]
PDF 対策シート312 ポンプによる液体の輸送 [139KB]
PDF 対策シート313 小型容器への充填(パケットとビン) [151KB]
PDF 対策シート314 粉体の計量 [131KB]
PDF 対策シート315 液体の計量 [130KB]
PDF 対策シート316 粉体の混合 [136KB]
PDF 対策シート317 液体同士または液体と粉体の混合 [133KB]
PDF 対策シート318 蒸気脱脂槽 [139KB]
PDF 対策シート400 一般原則 [101KB]
PDF 対策シートR100 呼吸用保護具の選び方と使い方 [232KB]
PDF 対策シートSk100 皮膚や眼に有害な化学物質に対する労働衛生保護具 [251KB]



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg



| 化学物質の管理 | 11:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「有害物ばく露作業報告」の手引き<平成30年報告版>(厚生労働省)

「有害物ばく露作業報告」の手引き
 <平成30年報告版>
 (厚生労働省)

  下記リンク参照
  http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/anzen/070409-1.html


労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg

| 化学物質の管理 | 23:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「治療と職業生活の両立支援ガイドライン」2疾病を追加

 前回=がん、今回=脳卒中、肝疾患を追加

 このガイドラインは、事業場が、がんなどの疾病を抱える従業員に対する就業上の措置や治療に対する配慮を行うことによって、治療と職業生活が両立できるようにするための取組などをまとめたもの(2016年2月)

前回「がんに関する留意事項
今回「脳卒中と肝疾患に関する基礎情報と、各疾病について特に留意すべき事項」を追加したもの
●脳卒中に関する留意事項
 ・再発等予防・治療のための配慮
 ・障害特性に応じた配慮
 ・復職後の職場適応とメンタルヘルス
●肝疾患に関する留意事項
 ・肝疾患の特徴を踏まえた対応
 ・肝疾患に対する不正確な理解・知識に伴う問題への対応

○ 関係情報へリンクします。
 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000153215.html



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg

| 健康管理 | 21:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

平成27年~受動喫煙防止対策の現状

受動喫煙防止対策


 平成27年労働安全衛生調査(実態調査)によると受動喫煙防止対策の現状は次のとおりとなっています。

 1 受動喫煙防止対策に取り組んでいる事業所の割合は87.6%となっている

 2 取組事業所の禁煙・分煙の状況については

   「事業所の建物内全体(執務室、会議室、食堂、休憩室、商談室等含む)を禁煙とし、屋外のみ喫煙可能としている」が38.1%と最も多く

   「事業所の内部に空間的に隔離された喫煙場所(喫煙室)を設け、それ以外の場所は禁煙にしている」が25.9%

   「屋外を含めた事業所敷地内全体を禁煙にしている」が15.2%

 3 禁煙・分煙以外の取組み45.2%とその内容(複数回答

   「喫煙可能区域を事業所内に掲示等して周知している」が47.6%と最も多く
 
   「たばこの煙を低減する装置(空気清浄装置)を設置している」が29.5%

 4 職場での受動喫煙を防止するための取組を進めるにあたり、問題がある38.7%とその内容(複数回答

   「喫煙室からのたばこ煙の漏洩を完全に防ぐことが困難である」が30.6%
 
   「顧客に喫煙をやめさせるのが困難である」が30.6%であり、この2つが最も多く、
 
   「受動喫煙防止に対する喫煙者の理解が得られない」が25.4%


 (参考)
 受動喫煙防止対策
  (↑ クリックすると拡大表示できます)
  平成27年 労働安全衛生調査(実態調査) 結果より
  http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/h27-46-50b.html



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg

| 受動喫煙の防止 | 15:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT