労務安全情報センター[安全衛生]

労働条件、労働基準の総合情報サイト「労務安全情報センター」がお届けします

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

平成27年~受動喫煙防止対策の現状

受動喫煙防止対策


 平成27年労働安全衛生調査(実態調査)によると受動喫煙防止対策の現状は次のとおりとなっています。

 1 受動喫煙防止対策に取り組んでいる事業所の割合は87.6%となっている

 2 取組事業所の禁煙・分煙の状況については

   「事業所の建物内全体(執務室、会議室、食堂、休憩室、商談室等含む)を禁煙とし、屋外のみ喫煙可能としている」が38.1%と最も多く

   「事業所の内部に空間的に隔離された喫煙場所(喫煙室)を設け、それ以外の場所は禁煙にしている」が25.9%

   「屋外を含めた事業所敷地内全体を禁煙にしている」が15.2%

 3 禁煙・分煙以外の取組み45.2%とその内容(複数回答

   「喫煙可能区域を事業所内に掲示等して周知している」が47.6%と最も多く
 
   「たばこの煙を低減する装置(空気清浄装置)を設置している」が29.5%

 4 職場での受動喫煙を防止するための取組を進めるにあたり、問題がある38.7%とその内容(複数回答

   「喫煙室からのたばこ煙の漏洩を完全に防ぐことが困難である」が30.6%
 
   「顧客に喫煙をやめさせるのが困難である」が30.6%であり、この2つが最も多く、
 
   「受動喫煙防止に対する喫煙者の理解が得られない」が25.4%


 (参考)
 受動喫煙防止対策
  (↑ クリックすると拡大表示できます)
  平成27年 労働安全衛生調査(実態調査) 結果より
  http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/h27-46-50b.html



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg

スポンサーサイト

| 受動喫煙の防止 | 15:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ストレスチェックは「定期健診以外の機会に実施している」が多い

ストレスチェック実施時期
医師の面談は?


 厚労省の平成27年「労働安全衛生調査(実態調査)結果」によると、ストレスチェックは定期健診とは別途に、面接指導は産業医が実施する例が多い、ことが判った。

1 ストレスチェックを実施した事業所のうち、ストレスチェックの実施時期

  ○ 「定期健康診断以外の機会に実施した」は58.9%
  ○ 「定期健康診断の機会に実施した」が39.7%

2 医師の面談等の実施者

  ○ 「産業医」が49.8%[同52.5%]
  ○ 「健康診断機関」が26.4%[同27.3%]

 情報源 http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/h27-46-50b.html




労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg

| ストレスチェック | 14:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

平成27年ーメンタルヘルス対策に取り組んでいる事業場の割合は「ほぼ6割」

メンタルヘルス対策
取み事業所の割合


 厚労省の平成27年「労働安全衛生調査(実態調査)結果」によると、メンタルヘルス対策への取組状況は、以下のとおりです。

1 メンタルヘルス対策に取り組んでいる事業所の割合
  平成27年 59.7%
  平成25年 60.7%
  平成24年 47.2%
  平成23年 43.6%

2 取組内容(複数回答)
 1) 「メンタルヘルス対策に関する事業所内での相談体制の整備」が44.4%
 2) 「メンタルヘルス対策に関する労働者への教育研修・情報提供」が42.0%
 3) 「メンタルヘルス対策に関する管理監督者への教育研修・情報提供」が38.6%
 4) 以下は下記図表を参照してください
となっています。(第6表)
 メンタル対策27
(↑ クリックすると拡大表示できます)

 [編注、コメント]

 調査では、ストレスチェックの実施事業所割合が、「22.4%」だが、法制化でこの数値がどこまで向上するか、注目してみたい。


労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg

| メンタルヘルス | 14:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラベル表示、SDS、リスクアセスメントを義務付け【新規に27化学物質】

労働安全衛生法施行令別表第9が改正され、平成29年3月1日から施行されます。

この改正により、図表に表示されている27物質は、

1 譲渡・提供の際のラベル表示
2 SDS(安全データシート)の交付
3 製造・取扱いの際のリスクアセスメントの実施

が義務となります。
29-3-1追加物質


[編注、コメント]

厚労省から関連リーフレットが案内されています。
  http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11300000-Roudoukijunkyokuanzeneiseibu/leaflet.pdf
 


労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg



| 化学物質の管理 | 22:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

熱中症の夏が来る

熱中症
厚労省が、平成27年「職場における熱中症による死傷災害の発生状況」を公表するとともに、今年の夏への備えを呼び掛けている。

関連ホームページ
→ http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000125245.html
熱中症と言えば夏だ、
全体 の約9割が7月 および 8月に集中していることが分かる。
熱中症の夏




労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg


| 熱中症 | 08:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT